京都府
南山城村

京都府唯一の「村」は宇治茶の一大産地。春のアグリワーカー募集中!

ここは京都府唯一の村「南山城村」。山に囲まれ、中央に木津川が流れる自然豊かな場所。三重県・奈良県・滋賀県に隣接し、多様な文化が入り混じった「村ならでは」を味わえるユニークな地域です。移住者や移住希望者も多く、地元の方々とも一緒に手を取り合って「むらづくり」に取り組んでいます。村内外は関係なく、村のファンであれば「むらびと」として迎え入れてくれる、そんな大らかな地域であり、また誰もが「むらびと」として活躍できる場がここにある、とも言えます。

また、宇治茶の生産地として府内2位の生産量を誇る村です。周囲の山々や丘陵にうち続く緑の茶畑は、まるで打ち寄せる波のようなうねりを見せ、美しい幾何学的模様を描き出しています。起伏があり寒暖の差が激しい地形を利用して生み出されるお茶は質が良く、高級茶として全国に出荷されています。生産者である茶農家さんは、技術向上と品質管理にこだわりを持ち、日々進化しています。同時に、そんな学び多き環境のもとで「活力の溢れた」アグリワーカーを求めています。

地域の「ハブ拠点」 お茶の京都みなみやましろむら

国道163号線沿いにある「道の駅 お茶の京都みなみやましろ村」は、土日には駐車場に車の行列ができるほど賑わいます。お茶製品はもちろんのこと、村内外の生産者さんが育てた農産物も販売しています。また、お茶を使用したプリンやパウンドケーキなどスイーツも充実しており、ちょっとした手土産やプレゼントとしても人気が高い商品がズラリと並んでいます。

中でも「道の駅ひんやりスイーツ総選挙2019」で西日本1位に輝いた「村抹茶ソフトクリーム」は、南山城村産の茶葉を100%使用した「超濃厚」な逸品です。いつも長蛇の列で、口にできるまでは一苦労ですが、是非とも味わっていただきたいですね。

また、道の駅内にある「村民百貨店」は、コンビニエンス・ストアと同じような品揃えで、住民にとってはありがたい存在になっています。ただし、営業時間は9時から18時となりますのでご注意を。 

 


アグリワーカーの強い見方は町の仕出し屋さん

とは言っても、お茶の繁忙期には買い物に出かける暇もないほど忙しくなることがあります。その場合は仕出し屋「やまちゃん」に頼んで、お弁当を配達してもらいましょう。南山城村の地理を完璧に把握しているご主人さんですので、どの場所で働いていても配達してくれるはず。働く先の農家さんが手配してくれる場合もありますよ!


滞在してみてもっとこの村で暮らしたくなったなら

移住交流スペース「やまんなか」は、移住者や移住希望者、また地元の住民さんが交流する場です。移住交流推進員が中心となり、移住者と地元民とを繋げたり、村外から村の活動に参加してくれる方を紹介したりと、この場所を起点として「人と人との化学反応」が起きる賑やかな施設です。

(写真は「やまんなか」 定例ランチ会の様子)

開館日は、水曜日・金曜日・土曜日の10:00~16:00 です。雨などで仕事がお休みになったら、ふらっと遊びに行ってみてください。とってもフレンドリーな移住交流推進員が笑顔で迎えてくれますよ☆ 


繁忙期のお仕事は

すでに京都府の和束町や奈良県月ヶ瀬のエリアページをみてくれている人なら分かると思いますが、ここ南山城村でもやはりお茶の収穫期にあたる5月から7月が最も忙しく、沢山のワーカーさんのお手伝いが必要になります。働く先の農家さんによってもそのスタイルは様々なので、しっかりとコーディネーターとそのあたりはお話してくださいね!

繁忙期の主な仕事を整理しておくと、

  • テックスとよばれる遮光ネットをめくる作業。 
  • 収穫された茶葉を軽トラックまで運ぶ。 
  • 軽トラックを製茶工場まで運搬する。

この3つのお仕事が中心になってきて、それに関わるような事も少し組み合わせながら、現場の農家さんたちと一年に一度の収穫シーズンを乗り越えていきます。このあたりのエリアでは、茶園栽培の効率化に力を入れているので、ワーカーさんが来てくれることによって、1日あたりに収穫できる茶葉の量に影響する。ワーカーの皆さんにはそういうところが期待されています。仕事自体はどなたでもできるような内容ではありますが、やはり季節的にも暑くなってくる中での畑のお仕事。熱中症などにはしっかりと気をつけながら働いてくださいね。


繁忙期の暮らし

南山城村でアグリワークをする場合の選択肢としては、農家さんの家での住込みか、隣の奈良県月ヶ瀬エリアのシェアハウスでの共同生活という選択肢が存在しています。働く先の現場によって違いますのでそのあたりはしっかり確認してくださいね。

写真は月ヶ瀬のシェアハウスの外観。こちらの家では以下の条件で居住することができます。月ヶ瀬エリアから南山城村までは距離的にとても近いのでそのあたりは問題ありませんよ!

  • 相部屋形式の寝室(部屋あたりふたり)
  • お風呂,、トイレ、炊事場やリビングスペースなどは共有
  • 家賃月額3万円(水光熱費+wifi +調味料など一部食材込み
  • 共有wifiあり
  • シェアハウス管理人も同居

茶農家さんたちが一年で最も忙しくなるこの時期は、外からたくさんのワーカーさんに来てもらう必要がありますが、まだまだワーカーさんを迎え入れるための居住空間は不足しているのが現実。ただ、そんな中でも、少しでも来る皆さんに快適に住んでもらおうという思いで、茶農家兼シェアハウスオーナーの川崎さんが一緒に住みながら、皆さんの相談に乗ったり、時にはみんなでBBQしたりと、少しでもこの期間をより良いものにすべく、暖かく迎え入れてくれますので、初めての共同生活にチャレンジしようって方も、是非この愉快な暮らしを堪能してみてくださいね!


ここまで読んでいただきありがとうございました。さあ、この春は南山城村エリアにて、アグリライフはいかがでしょうか。たくさんの応募をお待ちしております!


※エリアページ原稿:南山城村移住定住推進員 ウーファーのじゃ 編集:エリアコーディネーター 山下丈太


南山城村の農繁期

5月~7月 9月~11月
初茶、二番茶などで忙しい春〜夏の時期と、秋番茶を刈る時期の秋が主な農繁期です。

南山城村のコーディネーター

山下丈太(やましたじょうた)

株式会社アグリナジカン 代表。これまでに和束町でワヅカナジカン援農プロジェクトを主宰し、そのノウハウを生かして新たな農業求人のかたちをつくるべく、全国にその仕組みを展開しようと同会社を立ち上げる。また地域コーディネーターを兼務しており、和束町やみなべ町の他、複数エリアを担当している。

どこで働けばよいか悩んでいる方へ

アグリナジカンでは、農家さんと援農者をうまくマッチングするためのコーディネーターがいます。

コーディネーターは、各エリアの農家さんの人柄や農業のやり方、方針をよく知っています。そして、アグリワーカーさんの個性や性格、向き不向きなどを知った上で、農家さんを紹介するようにしています。

どの農家さんで働けばよいか、またはどのエリアで働けばよいか悩んでいる方は、まずざっくりとコーディネーターに相談してみてはどうでしょうか。あなたにあった農家さんを紹介してくれます。

とりあえずコーディネーターに相談してみる

※相談には、アグリワーカー登録・ログインが必要です。

南山城村の新着求人

南山城村の求人一覧へ